愛用ミシン Seiko TE-5

posted in: 未分類 | 0

私が愛用しているミシンのお話。SEIKOのTE-5というミシンです。レザークラフトは手縫いを最初に学び、それをこつこつ、こつこつと続け、たくさん作品を作りたい!となってミシンを買うことになると思います。手縫いは失敗が少ないんです。ミシン縫いの方が実は職人技が必要。真っすぐ縫うことも難しいですし、スピードが速い分失敗する可能性もあります。革は布と違い(布のことはあまりわからないので適当なことを言っていたらすみません!)、一度空けた穴は戻らないし隠せないので全てが一発勝負!それをビシっと決めるのは何度も何度も失敗を重ねていくしかありません。高い革でミスしてしまった時のテンションの落ちようといったらありません(笑)失敗して、懐を痛めて、それを繰り返して尚納得できる縫い目になるまで、まだまだ日々練習です。

このミシンに出会う前に、家庭用ミシンで革が縫えると口コミにもあった物を買って挑戦したことがあるのですが、薄い革ならいけるのですが重ねると糸が絡まる絡まる。糸調子などの問題以前に革を縫うには職業ミシンやTEのような腕ミシンが良いと経験してこのTE-5に落ち着きました。TE-2とかTE-6とかモデルは他にもあるのですが、目的次第ですね。私はこれで大満足していて、毎日眺めるだけでウキウキしてきます。メカメカしくて格好いいです。(笑)

写真に写っているライトはIKEAで買ったでスクランプで、相当明るいLEDライトで手元を照らして作業します。

こちらがTE-5の縫い目。綺麗です!他のミシンを使ったことがないので比較ができないのですが、縫い目が綺麗なミシンだとぼんやり聞いたことがあります。

Aster  Leatherではミシンと手縫い、縫い場所によって使い分けながら制作をしています。コードバンなどの超高級革を使用する場合には全て手縫いでやることもあります。どちらでもとても集中して作業していることには変わりありません。魂込めて制作しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です