キャッシュレス時代の財布 TWA-01

ここ何年かiPhone のSuicaで支払うことが本当に多くなりました。最近だと小さなお店でも○○payとかやってて、もうこれからは電子決済できないお店しか残らないんじゃないかという勢い。お金って初めてみたなんていう未来が来るのでしょうね!

革職人にとって財布作りって色んな意味で大切なものだと思います。でももう小銭やお札がなくなる時代がきています。

私も縫い目がないとか色々な財布のアイデアを考えていますが、今自分自身が欲しいのも最低限必要なものに絞った財布なったんです。そこからミリ単位で試行錯誤を重ね、作ったのがTWA-01です。

標準でカードは5枚入ります。4枚にしてより薄くというのもできそうかなと思いましたが縁起がね。財布って願掛けだってりもしますよね。お札も折りたくなかったので、被せをつけて最小ではなく最適を狙いました。コインケースも今はつけていますが、だんだん小さくなっていくかもしれませんね。

カードと比較して薄さが判りますでしょうか?薄いながらも革の質感は残しています。しっかりと経年変化も楽しみたいので、薄さと実を両立できる革を選びます。

散歩やちょっとしたお出かけに、または普段のメインに、是非ご検討ください。サイズも小さいためリーズナブルにお買い求めいただけるのもポイントです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です